納入事例・実績

どのように導入されているかの一例です。

食品粉末

納入機種: 格子マグ・フィルター
運用目的:
(使用方法)
食品粉末
内容: 取り外したマグネットを専用のフックホルダーに置いておけるマグ・フィルター
詳細は『格子マグフィルター(仮置き仕様)、納入紹介』(エイシンブログ)にて詳細を確認できます。

飼料

納入機種: 自動清掃型格子マグ・フィルター
運用目的:
(使用方法)
飼料
内容: マグネットをトラックに搬入する出荷口で使用するマグ・フィルター
詳細は『自動清掃型マグフィルター納入紹介』(エイシンブログ)にて詳細を確認できます。

医薬原料

納入機種: 移動型マグ・フィルター
運用目的:
(使用方法)
飼料
内容: マグネットを移動して使えるマグ・フィルター
詳細は『移動型マグフィルター(大口径タイプ)納入紹介』(エイシンブログ)にて詳細を確認できます。

バルク出荷用

納入機種: 移動型マグ・フィルター
運用目的:
(使用方法)
鰹節、茶葉
内容: 生産ライン充填前には常設のマグネットがあるが、スポットで紙袋でのバルク出荷の依頼が発生するようになり、必要に応じて使えるものとして採用。

開発用

納入機種: 移動型マグ・フィルター
運用目的:
(使用方法)
二次電池材料
内容: 開発中の粉体内に含まれる磁性異物の確認目的として採用。

バルク出荷用

納入機種: 移動型マグ・フィルター
運用目的:
(使用方法)
食品、医薬原料
(製品仕込タンクでの投入時の異物除去。)
内容: 同一原料を並列に設置されている複数タンクに仕込む際にタンク投入口まで移動させて投入。

特定原料の金属異物除去

納入機種: 移動型マグ・フィルター
運用目的:
(使用方法)
茶葉
内容: ある原料だけ金属異物が多いものが発生してしまっており、その原料を使う前に一度マグネットを通してから使用する。袋で入れて、バケツで回収。

 

 Save as PDF
タイトルとURLをコピーしました